終活に関するカテゴリ記事一覧

この記事は初めてエンディングノートを書く場合は、100均の物から始めようという記事です。理由は最初は何度も書き直す破目になるので、安いノートで十分だからです。エンディングノートの目的は二つあります。自分の人生を見つめ直すための備忘録愛する家族やお世話になった方への感謝の気持ちを伝える一般的な考え方では、エンディングノートは自分が死後に備えて必要事項を纏める物とイメージされます。実際は、他者の為だけ...

この記事はスマホアプリで書くエンディングノートのメリットやデメリットについてご紹介します。エンディングノートは紙やPDFの他にも、スマホアプリで書く方法もあります。エンディングノートアプリで出来ることは、提供する会社ごとに若干異なります。(基本的な情報は、同じで開示方法が違う)エンディングノートアプリでできる事必要な情報を記録する必要な時に他者(家族)に開示する基本的な機能は以上になります。おまけ...

この記事では、おひとり様が他人に極力負担を掛けない様にするための準備についてご紹介します。この記事での、おひとり様の定義両親は他界独身子供なし兄弟なし甥姪もいない要は亡くなった時に誰も相続人が居ない状態の方になります。この記事で紹介する終活の範囲は以下の3つのステージです。老後終末期死後直後遺言や相続に関しては、別コンテンツにてご紹介します。おひとりさまに押し寄せる様々な問題人間は年を重ねると、心...

この記事はおひとり様の相続問題についてご紹介します。自身が死去した後に、相続人が居ない状況になるとかなり面倒な事になります。死後事務や相続でのトラブルを残さない為には、生前での対策が重要になります。相続対策を立てずに亡くなった場合のトラブルここからお話するエピソードは、実際に有った話を元に作成したものです。ある日、遠方の警察から電話がありました。「貴方の親族がアパートで亡くなっているのを発見しまし...

この記事は死亡後の手続きを代行する為の死後事務委任契約の事や依頼先、相場についてご紹介します。死後事務委任契約とは、民法の委任契約の一種で、依頼者の希望通りに死亡後の様々な手続きする代理人を契約で決める契約です。死後委任事務を4コマ漫画で紹介親しい人が亡くなると、悲しみに浸る間もなく様々な手続きに追われる事になります。この時期に色々な判断を書類作成を強いられるのは、精神的にも肉体的にも厳しい面があ...

この記事は、生前事務委任契約と契約前に知っておくべきポイントや注意点をご紹介します。後見契約を使うまでは無いけど、財産管理などで誰かのサポートが欲しい時に使うものです。生前事務委任契約を4コマ漫画を用いて紹介します。生前事務委任契約とは、自身の身体機能の低下(歩くのが辛いなど)に備えて、余裕のあるうちに日常生活の支援を委任する契約です。内容的には任意後見契約と似ています。違いは契約が発効するタイミ...

この記事は、見守り契約についてのご紹介と、料金相場や契約上の注意点についてご紹介します。見守り契約は、行政書士を始めとする士業や警備会社など様々な会社が提供しています。士業事務所と警備会社が提供するサービスは、同じようで目的が全く異なります。警備会社:離れて住む親の安否確認と救急車への通報がメイン士業事務所:任意後見や死後事務など、事務サポートの契約の一環としてここでは、士業事務所が提供する見守り...

この記事は長年育ててきた愛犬を飼い主が亡くなる等して飼えなくなった場合の解決法をご紹介します。解決方法として5つの方法をご紹介します。負担付き遺言で友人に遺贈する役所の動物愛護担当動物わんにゃんセンターペット引き取りNPO老犬ホーム行政書士の先生に聞きたいことがあるんですけど。私が亡くなったり、施設に入ってしまうと黒パグの黒助がどうなるのかな?仔犬の頃から大事に育ててきた家族同然なんだ。可愛い犬で...

TOPへ